cosmetics and contours

ハワイ解剖セミナー

WORKS
ハワイ大学医学部で、ヴェリテクリニックの福田先生を講師に、手術手技と解剖のセミナーに参加してきました。

医学部キャンパス
 
文中写真
 
普段の手術は、いかに必要最低限の部位を効率よく露出して、手術操作を進めるかで、
 
出血、腫れ、痛みや早さがだいぶ変わるので、それを意識してやっています。
 
今回のようにふだん直視しない部分まで拡大して観察することで、
 
攻めるべきところ、そうでないところがよりよく把握できるし、
 
目や鼻は実際に手術をし、固定位置を幾通りにも変えて、仕上がりのシミュレーションをすることができました。
 
ご遺体を使ってこそできる貴重な経験ですが、日本では倫理面や施設など実現困難なので、ハワイまで赴くというわけです。
 
確実に技術向上につながります。
 
しかも、講師の福田先生は、日本の美容外科医のトップです。
 
憧れの先生から直接ご指導いただくことができて、講習期間中は興奮して余り眠れませんでした!
 
手術がうまくて、講義もうまくて、カリスマ性があって、本当ーーーーにカッコいいです!
 
どうやったら福田先生みたいなかっこいい美容外科医になれるのか、夢中で考えました。
 
 
今回は、SBCから10名、他のクリニックからも沢山の先生が参加されていて、
 
業界内で意見交換できたのも非常に有意義でした。
 
文中写真
わたし、集合写真では背後霊的に映っていますが、実習は講師の先生の真横で熱心にやりました・゚(゚⊃ω⊂゚)゚!
 
終了後の懇親会にて
 
文中写真
 
神戸院の岩山先生と、東大形成の同期で大塚美容外科の吉積先生と。
剛先生が撮ってくれました!
 
文中写真
 
憧れの福田先生と。
 
 
診療に穴をあけてしまい、お客様やクリニックにはご迷惑をおかけしましたが、
 
何十倍にもして、お返ししたいと思いますo(´▽`*)/
 
 
いつか日本の美容外科医のトップスターになりたいです。