cosmetics and contours

口元のでっぱりを治すセットバック 術前〜術後1ヵ月

WORKS
【骨切り・輪郭矯正 上下セットバック】
 
口元のこんもり感、気にならない人にはわからないポイントですが、気になる人はものすごく悩んでいます。
上下のあごの骨を切って後方に移動させるセットバックという手術の経過です☆

MEDICAL COLUMN文中写真
 
骨切りは、とても腫れるイメージがありますが、セットバックの一般的な経過はこのような感じ。
 
傷は全て口の中なので、おもてからは見えません。
 
 
さて、写真で、あご下がものすごくスッキリしているのが分かりますか?
 
症例では術後写真を傾けて表示し、あごの変化を見やすくしていますが、撮影時のままだと、あご先がクイっとあがっていました。
 
術前は気になる口元を隠す為に無意識のうちにアゴをひいてうつむき、あご下がたるむ。
 
コンプレックスが解消されると、アゴ先をあげ、しっかりと前を見られるようになります。
 
術後、お会いすると自然と顔の角度が変わっているので、
 
うれしくなります(*´∀`)!!
 
美容外科の輪郭矯正は、目鼻立ちを変える訳ではないので、腫れがひけば、手術したことはまずわからないけど、お客様の自分の外見に対する意識がものすごく変わる、これこそが、骨切りの醍醐味です!!
 
しかも、骨や鼻は、他の部位と違い、歳をとっても変わることのない、一生ものです。
 
やりがいを感じます!
 
輪郭にお悩みの方はぜひ、ご相談にいらしてくださいね(^^)b
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dr.福澤の骨切り・骨削り手術 モニター募集はこちら
Dr.福澤の骨切り・骨削り手術 症例写真 クリック→
Dr.福澤の骨切り手術動画