cosmetics and contours

骨切り日記 三次元立体モデル

WORKS
【三次元立体モデル】
 
お客様の術前検査(CT画像)を元に、三次元立体モデルをつくります(*^-^*)

こちら!
なんと、塩で出来ています。
そして、製造元は日本が誇るあのSONYです。
 

骨の形はいうまでもなく、歯根部の深さや神経の走行が分かり、実は断面でも神経が着色してあります。
実際に切って、手術シミュレーションできます。

 
デザイン線をご覧下さい。
 
写真はエラとオトガイ(アゴ先)の手術シミュレーションですが、
いかにギリギリのところまで攻めているか、お分かりいただけますでしょうか。
 
入念な手術計画が安全な手術と最高の結果をもたらします。
 
SBCは色々と注文が多いので、いつもお世話になっています。
着色はSONYの方の手作業です。
一流企業の社員さんがこんなにして下さるなんて、、、
 

ありがとうございます!
輪郭に悩みを抱えるより多くの方のお役に立てるよう、明日も骨切り頑張ります。
 
ヽ(*´∀`*)ノ
 

Dr.福澤の目の手術モニター募集はこちら